stryhのノート ~stryh/changelog

16kg痩せて約1年以上経つがその事実が未だにインパクトのある出来事[雑記]

16kg痩せて約1年以上経つがその事実が未だにインパクトのある出来事[雑記]

自分が感じていることをエントリーへ。
こうやって↑の画像を見ると細くなったな〜って思う。

今の体重になり約1年。
まだ1年だったんだね。

タイトルにあるとおり16kg痩せたという事実。
減ることのなかった体重。
社会人になり不規則になった生活、暴飲暴食の毎日。
そりゃ、太るわって話。
それがあるキッカケから始まり結果16kg痩せた。
1年以上経っても未だにこの事実を冷静に見ると凄いなって思うことがある。

体重激増した20代

社会人になったのは22歳の時だから2006年。
なりたての時は太っていなかった。
学生時代、アルバイトでフルサービスのガソリンスタンドをやっていた。
ほとんどそれが運動みたいな感じになってた。
実際忙しいと走り回っているので良い運動になる。

それが社会人になり運動とは無縁の生活になる。
食は学生時代の時のままでいた+夕飯を遅い時間に食べてたで体重激増。
服のサイズがワンサイズアップという結果を出す。
あまり嬉しくない結果。

毎年の健康診断で計測される体重は右肩上がり。
これまた嬉しくない右肩上がり。
問診では『運動しましょうね』と毎年言われる。
しかし、運動はしなかった。
仕事に忙殺され週末は何もする気力が無かった感じ。

こんな感じな日々を過ごしていたからそりゃ体重も増えるわって感じ。

諦めていた日々

あまりにも体重が増えすぎ、これは良くないと思い何度かダイエットをやるも失敗。
その失敗からもう痩せることは諦めた。
もう無理だなと。

いっそこのままでいいやと痩せることを諦めた。

相変わらず体重は増える傾向だったけど、痩せなきゃ!という変なプレッシャーが無かったからそれはそれで楽だった。

しかし、どこかで『痩せたいな・・・』という想いは残る。

あるキッカケから始まった

そんな感じの日々がしばらく続く。
相変わらず痩せることは諦めている。

そんな中参加したのがNo Second Lifeのセミナー。
忘れもしない2013/03/31。

このセミナーで得たものが自分の中のハードルをグンと下げた。

それまでは別に誰かに言われたわけでもないし、決められたわけでもないのに勝手にハードルが高くなっていた。

痩せる=大層な目標を設定しそれに向けガッツリやっていく。
みたいな感じだった。
それがグンと下がり大層な目標なんていらねーんじゃね?ガッツリやる必要もないんじゃね?って思えた。
まー、有ったに越したことはないんだろうけど別になくてもいいんだ。と思えたことが大きかった。

ガッツリからサクッとに変わったと言えばいいのかな?
美味い表現が見つからないな。

インパクトある出来事

それから『これは直ぐにやろう』と決めセミナーに参加した日から腹筋を始める。
それが今でも続き連続継続が2年。
続くことが今までなかったのに2年も続いた。
それから運動メニューを試行錯誤したり、おまけに更に驚くのは走る事が嫌いな人間だったのにランニングを始める。

  1. 体重右肩上がり
  2. 痩せることを諦めていた

この2つは自分の人生の中でずっと残りっぱなしのものでこれからも変わらないのだろうなと思っていた。
『もう痩せることは無理だな・・・』という絶望に似た感じ。

だから、尚更体重が減り痩せたという事実がインパクトある出来事。

痩せたことで学んだのは悪くなるのは直ぐに出来る。
良くするのは時間が掛かる。
直ぐに良くなるのなら万人が痩せててもおかしくないしね(笑)
それとコツコツ。
小さくても良いからコツコツやり始める。
それが習慣になり、さらに平均を少しずつ上げていく。
その結果が今に繋がる。

自分史に刻みこまれ出来事。
本当インパクトある出来事よ。

視線切らさず、淡々と、コツコツと

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top