stryhのchangelog

2017年の年末に思うこと / 初めてな1年

2017年の年末に思うこと / 初めてな1年

明日で2017年は終わり、明後日は2018年になる。和暦で言うと平成30年。平成になって30年か〜。

年末なので、今年を振り返るエントリーを書こうと思い、Macに向かいタイピング。

初めてな1年

何が『初めてな1年』なのか?それは会社に属せずに仕事をした1年ということ。
2016年の夏頃に会社を辞め、それ以降は会社に属せずに仕事をしてる。これをしたという事実が初めてな1年。

意外と生きていけるものだ

2017年が始まった時は正直、今自分が居ることを想像出来なかった。
『この先どうなるのか』といった具合で不安の方が大きかった。
しかし、今現在ここに居る。そして生きている。

意外と生きていける。

こうやって生活をしたことがないから、なおさらこう感じる。
どこかに属して仕事するのも悪くはないが、それが合わないなら違う生き方をすれば良い。
それを自分はしたまで。

なんのために働く

お金のために働く?好きだから働く?夢中になるから働く?
今の自分にはこれのどれかだけが当てはまるという気持ちではない。
どれも当てはまる気はしている。
しかし、時たまこの類の自問が始まる。でも、正解は出ない。いつ正解がでるのかは今は知らない。

危機感からの行動

危機感からの行動 - 2017年の年末に思うこと / 初めてな1年
2017年の1月〜3月はニート期間。このままでは生活がままならないと思い行動をし、フリーランスのエンジニアとしてまずは業務委託という形で仕事を始めた。
フリーランスエンジニア、業務委託と言っても、今までやってきたサラリーマンエンジニアとやることは大体似ている。
4月〜7月まで仕事をした。現場、仕事内容は悪くなく、報酬も個人的には良かった。
そして8月、9月は次の仕事を探しつつ、折角フリーランスとしてやっているのだから、休みも取ろうと思い休むことにした。

この休みは良い休みだった。
仕事をしているときに出来なかったことが出来、楽しめた。

そしてここでも危機感。ここでの危機感は前回のと似た感じのもの。
10月〜行っている現場。とても良い雰囲気、良いコミュニケーションが取れる、そして技術的にも新しいものを取り入れやっている。
フリーランスエンジニアになると、新しいものを身につけるのは仕事でではなく、自助努力(要は自己学習)で身につける。
という感じで仕事はこれまでの経験に沿ったものを活かすイメージが強かったので意外だった。
これはこれで感謝。

『危機感からの行動』と少し良い印象は無いかもしれないが、これはこれで良いキッカケを作ってくれている。
でも、今はこれではなくもっと余裕を持ちたいなと考えている。

2018年は・・・

me - 2017年の年末に思うこと / 初めてな1年
2018年はどんな年になるんだろうか?まだ想像出来ない。少なくても2017年よりは良い年にする。
今はそれだけ。
これをもうちょっと具体性を持たせるために、元旦は夢の棚卸をしよう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Return Top