stryhのchangelog

THE NEATBEATS/ザ50回転ズ 2018/01/20『2018 NEW YEAR “BEAT” EXPRESS』@新宿レッドクロス。2018年のRock初め[MusicLogVol.136]

THE NEATBEATS/ザ50回転ズ 2018/01/20『2018 NEW YEAR “BEAT” EXPRESS』@新宿レッドクロス。2018年のRock初め[MusicLogVol.136]

2018年のライブ初め。
2018/01/20(土)に新宿にあるライブハウス「新宿redcloth」で『2018 NEW YEAR “BEAT” EXPRESS』THE NEATBEATSとザ50回転ズの2マンのライブを見てきました。
年の初めにTHE NEATBEATSのライブが見れるのは良い気分。極上のロックンロールに抱腹絶倒のMC。
ライブ中は大いに両バンドを楽しみ、ライブ後も楽しんだ。
そして2018年に行きたいバンドのライブの中の一つ、THE NEATBEATSのライブ。

先行はザ50回転ズ

THE NEATBEATSのドラムのMr.MONDOことモンちゃんがライブ後にInstagramに投稿したもの。写っているのはザ50回転ズのベースのドリー。
ライブの1曲目は定番『Saturday Night』で始まり、『おさらばブギウギ』で次のTHE NEATBEATSへ。
1月に9年ぶりとなるニューアルバムをリリース。9年ぶりのニューアルバムっていうのがすごい。
その間はミニアルバム、シングルを出し、ツアーで全国を回る。

これは個人的の感覚なんだけど、ザ50回転ズはCDより、ライブで見た方がカッコイイ。

2018/01/17に発売された9年ぶりのニューアルバム。

ロックンロール貴公子『THE NEATBEATS』

ライブで購入した音源 - THE NEATBEATS/ザ50回転ズ 2018/01/20『2018 NEW YEAR "BEAT" EXPRESS』@新宿レッドクロス。2018年のRock初め[MusicLogVol.136]

ザ50回転ズの後は、ロックンロール貴公子『THE NEATBEATS』。2018年に見る初じめてのTHE NEATBEATS。
定番の『FARMER JOHN』に始まり、『黒いジャンバー』で締めるライブ。そして抱腹絶倒のMC。
毎回THE NEATBEATSのライブを見ると「ロックってこういう音だよな」と再認識させられる。ランキングを賑わすようなロックではない。古き良きロック。シンプルにロック。
だから好きなんだけどね。

2018/01/31発売されるレコードにCDが付いた新譜。
今回のNEW YEAR “BEAT” EXPRESSでも演奏した。

ライブ後に仲間とライブハウスで飲む

新宿redclothはバーカウンターがあるので、ライブ後はバーになります。
ライブ中は片付けていた椅子、机が並び仲間と飲む。たわいもない話から、好きなバンドの話。お酒も進む。
ライブ後なので、まったりとした一時が良い。ライブのあとにこれほどまったりしたことがあっただろうか?という位、良い時間を過ごした。

次のTHE NEATBEATSは4月にある恒例の生音ワンマンライブ。
4月の恒例生音ワンマンライブ - THE NEATBEATS/ザ50回転ズ 2018/01/20『2018 NEW YEAR "BEAT" EXPRESS』@新宿レッドクロス。2018年のRock初め[MusicLogVol.136]
今回のライブ後にチケットの受付をしていたので、即購入。
自分の人生で初めての整理番号が1番で驚いた。こういうことってあるんだね。
4月が楽しみ。ライブもだけど、仲間に会えるのもね。

公式サイトなど

新宿レッドクロス

新宿紅布とも書きます。キャパは約150人と小さいライブハウスです。
個人的にはステージとフロアーが近く好きなライブハウスです。それとライブハウスにしてはお洒落な雰囲気も好きです。

ライブハウスにロッカー備え付けていないです。もし使いたい場合は最寄り駅である新宿三丁目駅付近にあるロッカー、もしくは東新宿駅付近のロッカーを使うことをお勧めします。
それか自己責任になりますが、新宿レッドクロスのフロアーの端に置いておくというのもあります。しかし、盗難にあった場合はライブハウス側は一切の責任を負わないので、自己責任でお願いします。
新宿レッドクロス - THE NEATBEATS 2017/03/04 生音ライブ『BACK TO THE CAVERN』 TOKYO SPRING 2DAYS@新宿レッドクロス [MusicLogVol.129]

MusicLogの全記事

以上、Vol.136でした。
以下のリンクからMusicLogの全記事が読めます。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top