stryhの日記 ~stryh/changelog

SA(エスエー) x The Birthday『デッドヒート・イン・エビス ’16』@恵比寿リキッドルーム(2016/10/20) / 2バンドの熱いRockが詰まったライブ[MusicLogVol.123]

SA(エスエー) x The Birthday『デッドヒート・イン・エビス ’16』@恵比寿リキッドルーム(2016/10/20) / 2バンドの熱いRockが詰まったライブ[MusicLogVol.123]

2016/10/14(金)、SA presents BIG TOP – デッドヒート・イン・エビス’16
SAとThe Birthdayの2マンライブ。
両バンドとも大好きなバンドなので今回のライブはチケットを購入してからずっと楽しみだった。

The Birthdayはチバ、クハラが以前やっていたバンドTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT時代から交流があり、その時も一緒にライブをやっている。
そして5年前にSA、The Birthdayの2マンを新宿ロフトで行い、それ以来となる2マンライブ。

SAが4月にメジャーデビューし、両バンドともメジャーで活躍するバンド。
どんなライブになるのか楽しみだったけど結果、熱いRockのライブだった。

The Birthday

SA(エスエー) x The Birthday『デッドヒート・イン・エビス '16』@恵比寿リキッドルーム(2016/10/20) / 2バンドの熱いRockが詰まったライブ[MusicLogVol.123] 「SAとThe Birthdayのどっちが先に演奏するんだろうか?」というワクワク感があったが、先はThe Birthday。

The CrestのSixteen Candlesに合わせてメンバーが登場。
メンバー全員、黒で統一した服装。
The Birthdayらしい出で立ち。

1曲目は『6つ数えて火をつけろ』。
MCはほとんどなく計9曲を演奏。
『LOVA SHOT』の終盤、チバユウスケと会場の「オー、オオオーオー!」のやり取りが印象的。
『くそったれの世界』は「とんでもない歌が〜」で始まり「I LOVE YOU は最強」では会場のファンに歌声を預けるシーンがバンドとファンの良い距離が垣間見えた。

The Birhdayの曲で大好きな『なぜか今日は』。
ギターのフジイケンジ加入後初の音源。
当時はどんなThe Birthdayの音を出すんだろうとワクワクし聞いていた。

最後の曲を終え、チバユウスケの「次はSAだ」という去り際の声が印象的だった。

以下、セットリスト。

  1. 6つ数えて火をつけろ
  2. Love God Hand
  3. I KNOW
  4. FULLBODYのBLOOD
  5. LOVE SHOT
  6. Shan Shan
  7. くそったれの世界
  8. なぜか今日は
SA presents BIG TOP – デッドヒート・イン・エビス’16
The Birthdayセットリスト


SA

SA(エスエー) x The Birthday『デッドヒート・イン・エビス '16』@恵比寿リキッドルーム(2016/10/20) / 2バンドの熱いRockが詰まったライブ[MusicLogVol.123] そして今回のBIG TOPのオーガナイザーであるSA。
会場の照明が暗くなりジェッディン・デデンのSE。
レッドライトに包まれる会場。
そして客席からの「オイッ!オイッ!オイッ!」といういつもと変わら掛け声。
掛け声に応えるかのようにメンバー全員登場。

1曲目は『YOUTH ON YOUR FEET』。
全曲、声がガラガラになるまで歌った。

アンコールは2曲。
アンコール1曲目はNewアルバム『WAO!!!!』からの曲。
すでにMV(SA / ピーハツグンバツWACKY NIGHT(Short Ver.) – YouTube)が公開されていたのでサビは一緒に歌えた。

The Birthdayと比べるとMCを沢山いれたライブ(メンバーも喋りたいから喋っているし)。
懐かしい曲、『MERRY STAR』、『Naughty Boys』を久しぶりに聞けたのが嬉しかった。
学生の時によくSAのライブ行き、モッシュしまくっていたのを思い出した。

SAのライブは行くたびに勇気、パワーを貰う。
「また頑張ろう」、自分の進んできた道は間違いではない。
そんな気持ちにしてくれる不思議なライブ。
学生の頃から来ているけど、ここ数年こう感じることが多い。

アンコールの『GO BARMY KIDS』、TAISEIの『隣の奴と肩組めよー!』というSAのライブで恒例になっている合図で会場全員(SAファン、The Birthdayファン)が肩を組む。
恵比寿リキッドルームの会場全員が肩を組むという特殊な空間を味わえたのが楽しかった。

アンコール含めライブが終わっても会場からは『エスエー!(後に「チャチャチャ」と手を叩く仕草)』が暫く鳴り止まなかった。

来月から始まるツアーの11/6の水戸ライトハウス、ファイナルの赤坂ブリッツに行く。
また楽しみが待っていると思うとワクワクするものがある。

以下、セットリスト。

  1. YOUTH ON YOUR FEET
  2. Get Up! Warriors
  3. MERRY STAR
  4. running’ BUMPY WAY
  5. CALL YOUR NUMBER
  6. 破滅型のダンディー
  7. さらば夜明けのSkyline
  8. SONG FOR THE LOSER
  9. START ALL OVER AGAIN!
  10. Naughty Boys – Meet Us There
【アンコール】
  1. ピーハツグンバツWACKY NIGHT
  2. GO BARMY KIDS
SA presents BIG TOP – デッドヒート・イン・エビス’16
SAのセットリスト


リリース情報

SA、The Birthdayともに新譜のリリースが待っている。
SAはNewアルバムのリリース、そしてそのNewアルバムを引っさげてツアー『LOVE’N’ROLL TOUR』が来月から始まる。
The BirthdayはNewシングルのリリース。そしてツアー『シャム猫の絶叫』がSAと同じく来月から始まる。
詳細情報は公式サイトなどでチェックしてください。

公式サイトなど

SA

The Bitrhday


恵比寿リキッドルーム

恵比寿リキッドルーム - SA(エスエー) x The Birthday『デッドヒート・イン・エビス '16』@恵比寿リキッドルーム(2016/10/20) / 2バンドの熱いRockが詰まったライブ[MusicLogVol.123] SA presents BIG TOP – デッドヒート・イン・エビス’16の会場になった恵比寿リキッドルーム
恵比寿駅から徒歩5分くらいのところにあるライブハウス。
1階がホールで2階がロッカー、バーカウンターがある。
ロッカーは12インチのLPレーコードが入るくらいの大きさ。
鍵を閉める時に300円を投入し締める形式。

公式サイト


MusicLogの全記事

以上、Vol.123でした。
以下のリンクからMusicLogの全記事が読めます。

タグ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment on Facebook

Return Top