stryhのノート ~stryh/changelog

Blue Note TokyoでJohn Scofieldのライブを堪能 / Jazz、Jam、Funkとジョンスコ節満載の1時間半に満足 [MusicLogVol.97]

Blue Note TokyoでJohn Scofieldのライブを堪能 / Jazz、Jam、Funkとジョンスコ節満載の1時間半に満足 [MusicLogVol.97]

Vol.97

2015/05/30(土)に初めてのJazzライブを見にBlue Note Tokyoに行ってきた。
しかも、大好きなJohn Scofield(ジョン・スコフィールド、以下、ジョンスコ)のライブ。

前日にFacebookページの投稿を目にし、即決でチケットを予約。
ちょっと迷ったが結果、行って良かったライブだった。

ライブ中の写真もあればいいのだが、ライブ中は撮影禁止のため無し。
ライブがどうだったのか主観でレポート。

先んじて言っておくと生ジョンスコはデカかった!

会場はBlue Note Tokyo

Blue Note Tokyo - Blue Note TokyoでJohn Scofieldのライブを堪能 / Jazz、Jam、Funkとジョンスコ節満載の1時間半に満足 [MusicLogVol.97]

BLUE NOTE TOKYO

まさか自分がBlue Note Tokyoに行くとはね。
縁のない場所だと思っていただけに不思議。
見たいライブ、アーティストとなればそんな事を気にしてる暇など無い。

16:00開場、17:00開演

会場内 - Blue Note TokyoでJohn Scofieldのライブを堪能 / Jazz、Jam、Funkとジョンスコ節満載の1時間半に満足 [MusicLogVol.97]
良く行くライブはライブハウス
インディーズのバンドが主にライブをやる場所。
ライブハウスにも開場時間、開演時間が設けられているが時間通りに始まることはほぼ無い。

今回初めて行ったBlue Note Tokyoでも少し遅れたりするのかなという覚悟でいたが、そんな事無く定刻通りの開演、開演で驚いた。
至極当然な事ではあるが、定刻通りというのを経験したことがなかったので尚更。

それと更に驚いたこと一つ。

整理番号順に呼ばれ会場に入ると一組、ひと組、ウェイター?のような方に席を案内されたこと。
今回指定席ではなく自由席なので『お席はご自由に』という感じなのかと思いきや違う。
案内はされるがどの辺り(ステージ近くが良いのか、それとも離れた全体が見えるとこが良いのか)の席がいいか希望は聞いてくれる。

まさか案内されるとは思ってなかったので驚いた(単に何の予備知識無しで行ったので驚いているだけ)

ライブスタート

John Scofield - Blue Note TokyoでJohn Scofieldのライブを堪能 / Jazz、Jam、Funkとジョンスコ節満載の1時間半に満足 [MusicLogVol.97]
17:00になり会場の照明が落ちライブがスタート。
会場後方からバンドメンバー、そしてジョンスコが登場。

序盤はジョンスコのアンプ?の調整が上手くいってないのか何なのかは不明だけどアンプ、ギターのつまみ?を気にし調整しながら演奏してた。

ジョンスコ本人は気にはしていたが、正直どこがおかしい音だったのか聞いた自分には分からなかった。
これが音楽家John Scofieldなのかと勝手に思うことにした(要は音に対してシビアなのかなと)。

序盤はこんな感じがだったが、徐々に温まってきたら終始ゴキゲンなリフを弾いていた。

曲が終わる度に観客席からは拍手喝采。
その度に『Thank you so much!』というジョンスコが印象的だった。

曲はÜberjamÜberjam Deuxからがメイン。
そして新曲を数曲演奏。

新曲を演奏=新譜 と勝手に連想しいつ新譜がリリースされるのかな〜と楽しみ。

まとめ

初めてのJazzのライブ。
しかも、そのライブがJohn Scofield。
これ以上嬉しいことはない。

少々の迷い(行こうか行かまいか)はあったが、行ってよかったライブだった。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top