stryhのノート ~stryh/changelog

[MarsEdit] 関連エントリー作成AppleScriptを修正 – ピンバックしないように修正

320254606 bd28caba3c
先日、てぃかさん(@thikasa)のエントリーで知った、WordPressでピンバックさせないやり方。

WordPress で自サイトへのピンバックを防ぐ2つの方法 | thikasa note
ただ引っかかるとすれば、自分のサイトのリンクなのに自分で承認をしないといけないわけで、これをウザい!となる向きもきっとありますよね。 …

自分のBlogに対してピンバックさせないには良い方法。

このやり方をMarsEditの関連エントリー作成のAppleScriptに適応。

ご自身のBlogに対する関連エントリー作成時のみに有効かと思います。

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. 3.5.4(¥3,450)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
販売元: Red Sweater Software – Red Sweater Software(サイズ: 6.2 MB)
全てのバージョンの評価: (4件の評価)

そもそもなぜ修正をしようと思ったか

エントリーの最後に関連エントリーを載せています。
もちろん当Blogの関連エントリーです。

そのためURLも当Blogのになってしまいます。

そのURLをエントリーに記載し公開をすると何が起こるのかというと、ピンバックが跳んでくるのです。
ピンバックがくると管理画面で承認をしないといけません。

他の方のBlogからのピンバックであれば喜んで承認をしますが、自分のBlogのピンバックだと面倒です。

で、てぃかさんのエントリーにヒントを得て修正を決断。

ピンバックさせないやり方

今回はURLからドメイン名を除去するやり方を適応。

AppleScriptからRubyをコールしてURLをドメイン名で分割。
分割した結果、ドメインが含まれてない方のURLを使用する流れです。

AppleScript

以下に修正したAppleScriptの一部を抜粋。

修正箇所は追加1追加2とコメントが書かれている行。
追加1の箇所でドメイン名を使用しています。
この部分はこのAppleScriptを使われる方のドメインに合わせて修正して下さい。

↑のコードでは私のBlogのドメインを指定しています。

ダウンロード

もし、使いたい。ちょっと改造したいという方はこちらのリンクからダウンロードできます。

導入の仕方は↓を参考にしてください。
MarsEditでサクッと関連記事を作っちゃおぅ〜! | stryhの日記 ~stryh/changelog
AppleScriptの導入の仕方の参考にして下さい。

実際に使ってみた

MarsEdit1
↑のようにきちんとURLからドメイン部分が除去されています。

これで自サイトのBlogからのピンバック承認から解放されます! \(^o^)/

関連エントリー


URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 2 )

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top