stryhのノート ~stryh/changelog

SA日比谷野音ワンマンの映像をDVDではなく映画化へ!クラウドファンディングで資金募集開始 [MusicLogVol.105]

SA日比谷野音ワンマンの映像をDVDではなく映画化へ!クラウドファンディングで資金募集開始 [MusicLogVol.105]

出典元:唯一無二のパンクバンド「SA」初の日比谷野音LIVEの映画化プロジェクト – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

Vol.105です。

まだ記憶に新しい2015/07/11(土)、SA初の日比谷野外音楽堂でのワンマンライブ。
そのライブ。自分も行ったわけだが、映像化されないのかな〜と期待をしていた。
DVDで見たいな〜なんて思っていた。

すぐは無理かもしれないから長い目で映像化されて欲しいなと思っていた。

そこに来たニュースがDVDとしての映像化ではない。
なんとDVDを通り越して映画化

これには驚いた。

そして本日からクラウドファウンディングで資金募集が開始されました。
もちろん自分は支援させていただきました!

クラウドファンディング

唯一無二のパンクバンド「SA」初の日比谷野音LIVEの映画化プロジェクト – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
クラウドファウンディング募集サイト

具体的に何月何日までと記載はないが本日から募集終了まで38日
これを計算すると10/9(金)まで。

上記サイトにアクセス後、アカウントを作るか、もしくはTwitter・Facebookアカウントでログイン。
その後、具体的にどの金額で支援するのか選択が出来ます。

もとはDVD製作するために始めた

今回の撮影は、DVD制作のために実施したものでした。生誕30周年を迎え、現メンバー結成14年目へと突入した、SA初となる日比谷野外音楽堂ワンマンライブ、1年がかりで彼らとコムレイズが作り上げてきたものですから、間違いなく素晴らしい映像になるという確信は元々ありました。
出典元:唯一無二のパンクバンド「SA」初の日比谷野音LIVEの映画化プロジェクト – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

上記は映像化するにあたり監督をつとめるYuichiro Iwakiさんの言葉。

これは個人の意見、さらにあの場に居た人間の意見だけど、確かに濃いライブ。
ライブの内容が濃いというのは当然だけど、野音に至るまでのプロセス、想い。
そういう1つひとつをこのSA日比谷野音では隠すことなくオープンにしていたように思う。

そういう背景があるから恐らくYuichiro IwakiさんはDVDではなく映画化にしたのかな〜なんて勝手に感じている。

映画化と最初聞いたときは驚いたけど、Yuichiro IwakiさんのSA日比谷野音を映画化する想いを読んで腑に落ちた。

SA日比谷野音映像化に関するネットのニュース

列挙してみたが中身が似たりよったりね。
しかし、Googleで検索したらそこそこヒットしてびっくりした。
それだけ注目されているものなのかもね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top