stryhのノート ~stryh/changelog

[MusicLog::Vol.81]オルガンジャズはJimmy Smithが王道だけど他にもオススメはあるよ!

[MusicLog::Vol.81]オルガンジャズはJimmy Smithが王道だけど他にもオススメはあるよ!

Vol.81です。

去年の暮れくらいからOrgan Jazz(オルガンジャズ)にはまってます。
Organの音色がとても心地よい。
優しい音色が個人的に好み。

そのOrgan Jazz。
王道というか代名詞的な存在はJimmy Smith
初めて聞いたOrgan JazzはもちろんJimmy Smith。
しかし、Organ Jazzの分野でJimmy Smith以外を知らず他にもいないのかなとずっと疑問に思っていたのも事実。
でも、調べてみると結構Organ Jazzのアーティストがいる。
これは嬉しいこと!
Jimmy Smithはもちろんですが、それ以外でオススメしたいOrgan Jazzを紹介。

MusicLog

MusicLogとは?
完全自己満エントリーです。
自分の好きな音楽について書いたり、買った音源の事についてつらつらと書いていきます。
構成は買った音源であれば、「タイトル」、「ジャケット」、「曲名」、あれば「動画」を載せます。
単に語りたいようなものであればフリーフォーマットになります。

NO MUSIC, NO LIFE

その前に・・・

そもそも色んなOrgan Jazzアーティストを教えてくれたものは何か?
それはiPhoneアプリのAccuRadio

AccuRadio

現在の価格: 無料
サイズ: 25 MB
カテゴリ: ミュージック, エンターテインメント
販売元: AccuRadio LLC

アプリをダウンロードする

このアプリのジャンルのひとつにOrgan Jazzがある。
このジャンルのおかげで色々と知れた。
本当たくさんのOrgan Jazzを知ったね。

オススメ

Jimmy Smith

Organ Jazzならまずは『Jimmy Smith(ジミー・スミス)』。
最近はこのアルバムがお気に入り。

Jazzはそんなに詳しい方ではないがこのライブアルバムメンツが凄い!

  • Jimmy Smith(Organ and Piano)
  • Kenny Burrell(Guitar)
  • Johnny Griffin(Tenor Saxphone)
  • Mike Baker(Drums)

恐らくJazzの世界ではかなり凄いアーティスト達が揃っているんじゃないかなと思う。

本当ならこのアルバムに収録されている曲の動画を載せたいが、探してみたところ無かったので『The Cat』を。

Jimmy Smith — The Cat.

そして2つ目は個人的に好きな『Mack The Knife』。

Jimmy Smith – Mack The Knife

正直、Jimmy Smithの曲はどれもこれも良い曲が多いので好きな曲は?となるとなかなか上げることができない。
それだけ良い楽曲があるということでもある。

Lonnie Smith

そして次は『Lonnie Smith(ロニー・スミス)』。
Lonnie Smithはこのアルバムしか持っていない。
このアルバムをひと言でいうならFunk Jazz
本当Funk。
言葉で言うよりは動画見た方が感じやすいかも。

Lonnie Smith – I Can’t Stand It

△先に載せたアルバムLive at Club Mozambiqueの1曲目の曲。
自分の中でJazzにFunkってありなのか?なんて思ってましたが、聴いてみるとかなり良い!
OrganとFunk。
一見混じり合うことがなさそうなジャンルなのに見事に混ざっている。
自分のJazzの概念を越えてました。

Jimmy McGriff

次は『Jimmy McGriff(ジミー・マクグリフ)』。
自分の好きなOrgan JazzにはJimmyやらSmithが付く人ばかり(笑)
このアルバムジャケットはセクシーだね。
Jimmy McGriffはLonnie Smithと同じFunk Jazz。

だけどテイストは違う。
何て言えばいいのかな?
Jimmy McGriffのほうがOrganの音が跳ねていない?
ん〜、もう感覚で感じているから上手い表現が見つからないf(^^;;

Jimmy McGriff – Groove Grease

△この曲はアルバムの1曲目の曲。
この曲、一発でJimmy McGriffが好きになったね。
個人的にも好きな曲。
朝に聴くといい感じにテンションが上がるね(^-^)

Richard “Groove” Holmes

次は『Richard “Groove” Holmes(リチャード・グルーブ・ホームズ)』。
Richard “Groove” HolmesはAccuRadioで聴いてて見つけたOrgan Jazzアーティスト。
これまた自分好みのOrgan Jazz。

Richard “Groove” Holmesを調べてみるとこちらもFunk Jazzの部類に入るみたい。

RICHARD “GROOVE” HOLMES-Groove’s Groove

Shirley Scott

そして最後は『Shirley Scott(シャーリー・スコット)』。
こちらもAzzuRadioで初めて聴いてからお気に入り。

最初は『女性のOrgan Jazz!?』と驚きましたがかなり良いです。
自分の好み。

Soul Shoutin’-Shirley Scott & Stanley Turrentine

あとがき…

MusicLogには珍しいあとがき。
今回紹介したOrgan Jazzはネタをばらしてしまうと自分の手元にあるOrgan Jazz全て(笑)
色んな曲を聴き漁っていますが、『よっし!きたこれ!』というのは中々ないですね。
まー、だから面白いんですけどね。
全部が『よっし!きたこれ!』だったら嬉しいですけど、探求する面白さは無いでしょうね。
こうやってブログ記事を書いている側でも何か良いOrgan Jazzはないかしら?と探していますしね。

本当、しばらくはハマりそうです(^-^)/

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top