stryhのノート ~stryh/changelog

Sublime Text 3をMacに再インストール! / インストール手順(日本語化含む)をまとめてみた

Sublime Text 3をMacに再インストール! / インストール手順(日本語化含む)をまとめてみた

タイトルにある通り再インストールしたのでその手順をまとめてた。
何故、再インストールかというと以前2→3にしたのだが、まだその時は3がベータ版でインストール時にゴミが残った状態になってしまった。
それからバージョン3が安定したようなので現在インストールしているものをアンインストールし再インストールをしました。

折角なのでその手順を残しておこうと思います。
合わせて日本語化の手順も載せておきます。

Macに再インストールをしたのでその手順になりますが、Windowsの場合でも適宜読み替えてもらえればWindowsの場合適応出来るのではないかと思います。

Sublime Textってなに?

その前にSublime Textとは何か。

フリーで配布されているテキストエディターです。
しかし、単なるテキストエディターなら他のでも充分こと足ります。
Sublime TextはHTML、CSS、JavaScript、PHPなどなどのプログラムをコーディングするのに非常に役に立つエディターです。
コード補完、構文チェックなどなどデフォルトで付いているものもあればプラグインを追加することで機能を追加することも出来ます。

エディターなのにネット接続が裏で出来るので後付けでプラグインの追加もできます。
このプラグインがかなり豊富にあります。

フリーなのに高機能なエディターというわけです。

dmgファイルをダウンロード

Sublime Text – Download
上記ページがSubime Text 3のダウンロードページです。
ページ上部にあるDownloadからページ移動するとバージョン2のダウンロードページに移動してしまうみたいです。

dmgファイルをダウンロード - Sublime Text 3を再インストール!
△ダウンロードリンクをクリックしdmgファイルをダウンロードします。

インストール

ダウンロード後はdmgファイルをダブルクリックしファイルを展開します。

dmgファイル展開 - Sublime Text 3を再インストール!
△dmgファイルを展開すると↑のようになります。
右にああるアプリを左のApplicationsにドラッグ&ドロップします。

アプリケーションズフォルダーに移動 - Sublime Text 3を再インストール!
△ドラッグ&ドロップ後にApplicationsフォルダーを確認すると移動されているのが確認できます。

Sublime Text起動 - Sublime Text 3を再インストール!
△Sublime Text.appをダブルクリックすると↑の画像のものが表示されるので開くをクリックします。

Sublime Text起動 - Sublime Text 3を再インストール!
△Sublime Textが立ち上がればインストール完了です。

Package Control

次にPackage Control(パッケージコントロール)を入れます。
これを入れておくと後からプラグインを追加する際に楽にプラグインをインストールできます。
もしプラグインを入れる必要が無いというのであればここは飛ばしても構いません。

コンソール表示 - Sublime Text 3を再インストール!
△最初にコンソールを表示させます。
View -> Show Consoleと順に選択します。

コンソール表示 - Sublime Text 3を再インストール!
△Sublime Textの下部にコンソールが表示されます。

ここに↓のひと文をコピー&ペーストします。

ペーストしたらキーボードのEnterを押します。

コンソールにペーストしてEnter - Sublime Text 3を再インストール!
△最初にコンソールを表示した時と変わり何かを読み込んだメッセージが表示されます。
これでPackage Controlの導入は完了です。

日本語化

そして次は日本語化。

コマンドレット表示 - Sublime Text 3を再インストール!
△まずCommand Palette(コマンドパレット)を表示。

コマンドパレット表示 - Sublime Text 3を再インストール!
△コマンドパレットが表示されました。
ショートカットキーだと・・・

  • Mac
    • Command + Shift + p
  • Windows
    • Control + Shift + p

で、表示されます。

パッケージコントロール - Sublime Text 3を再インストール!
△コマンドパレットが表示されたらinstallと入力しEnterを押します。

プラグイン一覧表示 - Sublime Text 3を再インストール!
△Enter押した後、インストール可能なプラグイン一覧が表示されます。
プラグインだけではなくテーマもパッケージコントロールからインストール出来ます。
テーマのインストール方法は追々ブログに書こうと思います。

Japanizeを入力 - Sublime Text 3を再インストール!
△次にJapanizeと入力します。
該当のものが見つかったらそれを選択しEnterを押します。

Japanizeインストール完了 - Sublime Text 3を再インストール!
△上の画像のように表示されればとりあえずは、Japanizeのインストールは完了です。

なぜとりあえずなのか?

とりあえずな日本語化 - Sublime Text 3を再インストール!
△上の画像を見るとメニューが日本語化されているので日本語化完了に見えると思いますが、まだ終わっていないのです。

メニューの中 - Sublime Text 3を再インストール!
△メニューの中は↑の画像のように英語のままです。
今度はこれらを日本語化させます。

ライブラリーの中

ユーザフォルダーの中にライブラリーがあります。
デフォルトでは表示されていないのでユーザフォルダーを選択した状態でFinderの歯車マーク -> 表示オプションを表示を選択します。
表示された中に“ライブラリ” フォルダーを表示があるのでチェックしましょう。

Application Supportの中 - Sublime Text 3を再インストール!
ライブラリ -> Application Support -> Sublime Text 3 -> Packageと進みます。

Defaultフォルダーを作成 - Sublime Text 3を再インストール!
△Packagesフォルダーの中にDefaultフォルダーを作成。

Japanizeの中にあるファイルをコピー - Sublime Text 3を再インストール!
△Japanizeフォルダーにある『.jp』が付いているファイルを先程作成したDefaultフォルダーにコピーします。

Defaultフォルダーにコピー - Sublime Text 3を再インストール!
△Defaultフォルダーにコピー完了。

Main.sublime-menu.jpのファイル名変更 - Sublime Text 3を再インストール!
△次にDefaultの中にコピーしたファイルの内『Main.sublime-menu.jp』のファイル名を変更します。

ファイル名変更 - Sublime Text 3を再インストール!
△元のファイル名から『.jp』を除去します。
除去しEnterを押すと↑の画像のように表示されます。
表示されたら『”.sublime-menu”を使用』をクリックします。

ファイルコピー - Sublime Text 3を再インストール!
△そして最後にJapanizeフォルダーにある『Main.sublime-menu』Userフォルダーにコピーします。

コピー完了 - Sublime Text 3を再インストール!
△コピー完了。
これで日本語化の作業完了です。

日本語化されたか確認

Japanizeをインストール後に見たメニューの中はまだ英語のままだったと思います。
再度メニューの中を確認してみると・・・

メニューの中も日本語化 - Sublime Text 3を再インストール!
△無事にメニューの中も日本語化されています。

他のメニューの中 - Sublime Text 3を再インストール!
△念のため他のメニューの中も確認をしてみたらこちらも無事日本語化されてました。

これでダウンロード -> インストール -> 日本語化全て完了です。
後はプラグイン入れるも良し、テーマ変えるのも良し、設定かえるのも良しです。
Happy Sublime Text Life!:)

参考にしたサイト

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top