stryhのノート ~stryh/changelog

[SRWare Iron][ブラウザー]FirefoxからSRWare Ironに乗り換えた決め手はマウスジェスチャー!

[SRWare Iron][ブラウザー]FirefoxからSRWare Ironに乗り換えた決め手はマウスジェスチャー!

Firefox使用歴7年のFirefoxヘビーユーザ@saita_ryouheiです!
Firefoxはアドオンが豊富で、Web開発をしてる身の自分にとっては有難いアドオンばかりです。

7年も使っていて今更ブラウザーを乗り換えたのはなぜか?

Firefoxのメモリー食いにiMacが耐えられなくなったためです。
その乗り換えの決め手になったのはマウスジェスチャーです。

SRWare Ironってなに?

SRWare Ironって何?という方がいらっしゃると思います。
簡単に言うとGoogleが出しているChromeの親戚だと思ってもらえればと思います。

その辺りの事は↑のエントリーで書いていますので後でご一読してみてください。
さらに特徴を言うとCoogle Chromeから余計なものを省いたものがSRWare Ironです。
そのためChromeと比較すると軽快に動きます。

1つ注意点を述べるとすればChromeのように自動更新ではないので最新にしたいなと思ったら自動更新ではなく最新のSRWare Ironをダウンロードし手動で更新しないといけません。

メモリー食い

Firefoxはかなりメモリー食います。
これはFirefoxを使っている人なら分かるかと思いますが、起動しそれなりの時間起動しているとだんだんモッサモッサとした動作になります。
一応、バージョンアップでメモリー周りの改善をしてはいるみたいですが、その恩恵を受けた試しがないのも事実です。

アドオンをそれなりにインストールしているというのもあるのかもしれないですが、メモリーの使用量が減ったなーと感じた事はないです。
じゃーなんで使いつづけたのか?

乗り換えの決め手はマウスジェスチャー

メモリー使用量が多く、Firefox起動直後はまだいいものの、しばらく起動しているとメモリー8GB積んでるiMacがモッサリとしてきます(新しいiMacを買えよって話なんですけどね (; ^ω^))。
それならさっさと他のブラウザーに乗り換えればよかったのですが、そう簡単に乗り換えられないのもFirefox。

それは先ほど述べたアドオンの豊富さです。
その中にマウスジェスチャーを使用するためのアドオンがあります。

↑がそのアドオンです。
このアドオンはかなり使いやすく重宝しており、なかなか他ブラウザーに乗り換えることができないでいました。

しかし、Chromeにも同等のマウスジェスチャーがあることを先日知り「これで乗り換えられる!」と思い乗り換えた次第です。

決め手となったマウスジェスチャー

CrxMouseです。
SRWare IronはChromeの拡張機能がでフォルトで使えます。

Chromeに乗り換えたいな〜と数えられないくらい思っており、その度にChromeの拡張機能でマウスジェスチャーを探していました。
しかし、その度に良いマウスジェスチャーが見つからなかった。
そのためFirefoxからの乗り換えを断念し使い続けていた次第です。

このCrxMouseは今まで探してきた中で自分の欲求を満たしたマウスジェスチャーです。

どんな欲求なのか?

右クリックでマウスジェスチャーが操作出来る

この右クリックでマウスジェスチャーが操作できるの大きいです。
Chromeには他にもマウスジェスチャーの拡張機能がありますが、なぜかMacの場合、右クリックで操作できるのが少なく、ホイールをクリックする中クリックで操作するのだったり、右クリックで操作できるのがあっても感度が悪かったりと自分の満足いくマウスジェスチャーはなかったのでCrxMouseは本当素晴らしい拡張機能です!

ダウンロードはどこから?

最後に

マウスジェスチャーが決めてとなって乗り換えたSRWare Iron。
マウスジェスチャー以外にも気に入っている所はあります。
先に書いたChromeの拡張機能が使える、Chhromeのテーマも使える、Web開発をする上でのツールもある、iMacのメモリーもFirefoxみたいに使わない。などなど。

もう至れり尽くせりな感じのSRWare Ironです。
SRWare Ironを使い続けて少し経ちますが、もう他のブラウザーに乗り換えることはないと思います。
それだけ今の自分の欲求を満たしてくれているブラウザーですから(^-^)

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top