stryhのノート ~stryh/changelog

正直いらない

マイクロソフトが「IE 6」と決別できない理由:スペシャルレポート – CNET Japan

個人的意見ですが、IE6は正直いらない。

仕事PCでも、自宅PCもIEはインストールされているが、使用場面はどうしても使わないといけない場面が出た時、IEしかサイトが対応していないとか。

他には

  • 起動に時間がかかる
  • 全体的に重い
  • ユーザーの好み・趣向を反映することができない。
    • テーマ、プラグイン等

これらがあげられる。

自分は最初からパソコンを使用しだしたときはIEしかブラウザーの存在を知らなかったのですが、その時から不便だな~とは学生ながら感じていた。特にリンクを新しいウィンドウで開いたときは重くて重くてイライラした。

で、IT系の会社に就職しIE以外のブラウザーの存在を知りその1つにFirefoxを知ったのだが、これは何てユーザの好きなようにカスタマイズできるブラウザーなんだ、開発の人間からすれば神ツールだなんて思いったのを覚えています。それからIEはぱったり使わなくなった。

上記のリンクにIEと決別できない背景が記載されている。

IE6だとOSはWindows XPや2000に一緒に入っているわけだが、なんで変えない?

別にIE6のサポートを終了してもいいじゃない?他の競合ブラウザーに目を向けてもいいじゃない?

なんでそこに引け目を感じるのかがわからない。

主観だが、競合に負ける要素があるからじゃないのか?

そりゃ今はあるだろうね。使うメリットが感じないユーザがいるわけだからね(自分を含め)。

だったら競合ブラウザーに負けないものを作ればいいじゃない。

「IEスゲー」って思われるのを作ればいいじゃない。

天下のMicrosoftがそんなこと言ってていいの?って思ってしまう。

よく聞くのが会社のセキュリティの都合上、IEのヴァージョンUPができない。っていうのを聞くけど、わからない。

IEのヴァージョンごとで仕様が違うからセキュリティ的に見てもコストがかかるようなことがあるとか?

上ができないものはできないって言われているから?

そんな考えでいたら会社のIT部門としてどうなの?ってなるよ。

IEはWindowsOSに一緒に入れてしまったことが仇になっている気がする。

Firefoxはメジャーバージョンがリリースされるとそのうち過去のバージョンのサポートを終了しメジャーヴァージョンへの移行を促す。

FirefoxはOSにデフォルトで入っているものじゃなくユーザが使いたければインストールという形が功を奏している。

IEもこの形にすれば良かったけど、当時はこうすることでIEのシェアを伸ばせていたから仕方ないけどね。

とにかくIE6のサポートを終了してくれることを願うばかりです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top