stryhのノート ~stryh/changelog

正規表現

Rubyは所々をつまんでしか触れていないものなのできちんと学ぶために上のをやっています。

パターンの直後に「i」オプションをつけると大文字小文字を区別せずに見てくれるということを今日知る。

他にもオプションを指定出来るみたいです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top