stryhのノート ~stryh/changelog

アーカイブ : abicase cawa 栃木レザー タグ

サムネイル - abicase(アビケース)の進化は止まらない!(その2) スリットを下にして背面がスッキリ!トリコロールテープが良い仕事する

abicase(アビケース)の進化は止まらない!(その2) スリットを下にして背面がスッキリ!トリコロールテープが良い仕事する

前回書いた、フラップデザインの改善記事。今回はその2です。 abicaseには背面にカードを入れることが出来るスリットを施すことができます。通常は背面の真ん中辺りにそのスリットがあります。 それを背面の下部にしたのが、今回紹介するものになります。そしてトリコロールテープが付いているのですが、カードの出し入れに良い仕事をするんで...

サムネイル - abicase(アビケース)の進化は止まらない!(その1) フラップデザイン改善で画面操作時の干渉が無くなりスッキリ!

abicase(アビケース)の進化は止まらない!(その1) フラップデザイン改善で画面操作時の干渉が無くなりスッキリ!

あえて“製作者と同じ仕様”のabicaseと表現しておきます(製作者からのお願い)。 これまで約5年abicaseを使ってきました。このabicaseは使い始めて約2ヶ月弱ですが、過去最高に良い作りです。 フラップデザイン(iPhoneの表面の上下を覆っている革)が改善されて画面操作時に干渉していた部分が無くなり、そのおかげで...

アイキャッチ - abicaseの取り扱い説明書を発見!abicaseユーザなら一読を!ってか読んで欲しい!

abicaseの取り扱い説明書を発見!abicaseユーザなら一読を!ってか読んで欲しい!

abicaseアンバサダー(公認)の私(最初は勝手に言っていたんだけど公認になっちゃった) たまには購入レポート以外の事でも書いてみます。 何の気なしに見たabicaseの販売サイト。 その中にNewsというリンクがある。 そこを辿って行って見つけたのがabicaseの取り扱い説明書。

アイキャッチ - iPhone6sでもケースはabicase!iPhone6s用abicase購入 / 進化し続けるabicaseを自分なりのエイジングを楽しもうと思う

iPhone6sでもケースはabicase!iPhone6s用abicase購入 / 進化し続けるabicaseを自分なりのエイジングを楽しもうと思う #abicase

先月12月に購入したiPhone6s。 合わせるように購入したものがもう一つ。 それはabicase。 自分の中ではiPhoneケースはabicase。 それ以外は選択肢に入らない!、というくらい大好きなケース。 そして! No.38、No.39のabicaseになります。

アイキャッチ - abicaseのメンテナンスのやり方教えます!実践編 / スポンジも良いがポイントは素手でオイル入れ! #abicase

abicase アビケースのメンテナンスのやり方教えます!実践編 / スポンジも良いがポイントは素手でオイル入れ! #abicase

前回は準備編だったので今回は実践編。 前回の記事は▼こちらから。 abicaseのメンテナンスのやり方教えます!準備編 / 準備するものはラナパーのみ! #abicase 実践編ではラナパーを使いabicaseにオイル入れをします。 素手でオイル入れをするのがポイントです。 なんで素手?というとこも併せてやり方をご紹介。

アイキャッチ - abicaseのメンテナンスのやり方教えます!準備編 / 準備するものはラナパーのみ! #abicase

abicase アビケースのメンテナンスのやり方教えます!準備編 / 準備するものはラナパーのみ! #abicase

abicaseのことをブログで書いていだけど、メンテナンスについては書いてなかったので良い機会と思い記事に。 1記事で全て書いてしまおうかと思ったけど数回に分けて書いていこうと思います。 で、今回は準備編。 準備するものはラナパーのみです!

アイキャッチ - abicaseを改めて数えてみたら35個持っていた / 本当にファンだからこそ好きが好高じた結果ですよ #abicase

abicaseを改めて数えてみたら35個持っていた / 本当にファンだからこそ好きが好高じた結果ですよ #abicase

ここ最近『abicase何個持ってんの?』と聞かれることが多かった。 以前、何個持っているのか初めて数えた時にちょうどエントリーにしていてその時は把握していた しかし、ここ最近は全く把握してなかった。 単に把握するのが面倒だったていうだけです。 で、改めて数えてみたところ35個持ってましたというお話。

Return Top